トップページ > ゴルフのマナー > ゴルフのドレスコード

ドレスコード

 ゴルフは服装にも規定があります。ゴルフウエアは他のスポーツでいうところのユニフォームです。たとえば少年野球といえども試合で私服を着ていく人はいないでしょう。また、クラブハウスは社交の場とされており、たとえラウンド後でもクラブハウスを出るまではドレスコードに従うものなのです。

理想的な服装

Tシャツ・デニム・サンダルは着用しない

Tシャツ・デニム・サンダルは着用しない


 Tシャツ・デニム・サンダル類はいずれもドレスコード違反となるのが普通です。プレー中はもちろんプレー終了後もTシャツ・デニム・サンダルを着用することはよくありません。ドレスコードについては各ゴルフ場によって決まりが様々でもあります。名門コースとされるゴルフ場ではジャケット着用が当たり前のところもありますし、パブリックなゴルフ場ではそれほど厳格にドレスコードに規制を設けていないところも数多くあります。各ゴルフ場の決まりに従った服装でプレーするよう心がけましょう。


ゴルフシューズについて

ゴルフ用シューズを使用する


 機能面、デザイン面、どちらに関してもゴルフシューズを履けば間違いありません。ただし一昔前の鋲のものは禁止しているゴルフ場が多いので持っている方は注意が必要です。また外部から雑草の種等を持ち込まないために来場時には別のシューズを履いてきてクラブハウスでゴルフシューズに履き替えるのが理想です。


シャツは襟付きorロングネック


 シャツは襟付きが基本です。またほとんどの場合ロングネックも認められています。ゴルフ用ウェアならまず間違いはありませんが、それ以外でもポロシャツが無難です。冬場や寒い時はトレーナーを着てもOKですが、その場合トレーナーの下は襟付きのものを着用するのが基本となります。また保温性などの面で優れていることから近年人気のアンダーウエア類はゴルフ場によっては禁止しているところもありますので注意しましょう。


ラフな格好は御法度

首や頭にタオルを巻かない


 夏場の暑い時期になると首にタオルを巻いてプレーする人の姿が見受けらる場合があります。もしプロゴルファーが首にタオルをかけてプレーしている姿がテレビに映し出されていたら見た人はどのように感じるでしょうか? スコアや技術はプロのようにはいきませんがドレスコードにおいてはプロもアマチュアもそう変わりはありません。ゴルフにおいてあまりにラフな格好は御法度なのです。


オリジナルベルト

ベルトを着用する


 ゴルフウェアは私服のようにシャツをズボンから出して着ないので(女子用の短い丈の物は外に出すこともあります)ベルトが無いと腰回りがだらしなく見えてしまいます。ゴルフ用のベルトも各メーカーから様々なタイプの物が出回っていますが、特にゴルフ用にこだわる必要はありません。「人が持っていないものを使いたい」という方は手作業で作るオリジナル本革ベルトで自分の好きな文字などを入れたベルトを作ってみては?


裾はズボンに入れる

シャツの裾はズボンに入れる


 ゴルフウェアは私服とは異なりシャツの裾はズボンに入れるのが常識です。ゴルフウェアはいわば他のスポーツでいうところのユニフォームと捉えておくべきでしょう。女子のゴルフウェアで丈の短いものは最初からズボン(またはスカート)に入れることを前提としていないものもありますので、この場合は無理にシャツの裾をズボンに入れる必要はありません。


クラブハウスでは脱帽

クラブハウス内での帽子の脱帽


 ゴルフにおいて帽子は日射病予防や頭部への打球事故のダメージ軽減の役に立つのでプレー中は被ることをおすすめしますが、クラブハウス内では取るのがマナーです。それほど気にしないプレーヤーも多いようですが、これがきっちり出来ているとマナー上級者であることが伺えます。

©MBcreation ©ROCK PINE