トップページ > ゴルフのマナー > コース保護・人への配慮やマナー > カップ周辺を踏まない

コース保護・人への配慮やマナー

カップ周辺を踏まない

カップ周辺を踏まない

 カップの位置は基本的に一日中変わりません。そのゴルフ場に訪れた全員が同じカップを目指してプレーするので、カップ周辺は沢山人が踏み入れることになります。そうすると必然的にスパイク跡による凹凸も増え、ボールの転がりに影響が出てきます。カップ周辺はボールの勢いも弱まることが多いため、凹凸の影響を受けやすくなるのです。それを出来るだけ抑えるため、カップ周辺は踏まないように努めましょう。特にボールを拾い上げる時に要注意です。
 カップ周辺のスパイク跡がひどい時は、ホールアウト後にピッチマーク(ボールマーク)を直す手順と同じようにして直しておきましょう。